誹謗中傷について知識を持とう

現在はインターネットがごくごく身近な時代となっています。インターネットに誹謗中傷はつきものです。誹謗中傷対策として、 誹謗中傷とはどんなものか知っておくことも大切です。意味を知っておかなければ知らず知らずのうちに自分が相手に対して誹謗中傷をしてしまっていることになります。誹謗中傷とは相手に否定的な意見をぶつけることですが、否定的な意見をしてにぶつける行為として、批判があります。批判と誹謗中傷は何処が違うのでしょうか。

批判と誹謗中傷の違いについて

批判と誹謗中傷を明確に分けることはとても難しいですが、批判という言うのは誰かがいった事や行動に対して間違っていると思える部分を明確な根拠を提示して指摘する行為です。対して誹謗中傷には否定するにあたって明確な根拠は存在しません。明確な根拠があるかどうかが批判と誹謗中傷の大きな違いだと言えるでしょう。批判をするには感情的にならず、論理的に相手に意見を言う必要があるし、何より批判には相手に対する愛情が存在します。批判が慣用的になると一気に誹謗中傷になってしまうので要注意です。

ネガティブキャンペーンについて

アメリカの大統領選挙ではよくネガティブキャンペーンというイベントが行われます。ネガティブキャンペーンというのは、相手の候補に対してマイナスな情報を投げつけて相手のイメージを落としてしまうという戦略です。こう聞くと誹謗中傷と何も変わらないじゃないかと思われがちですが、誹謗中傷のもう一つの重要なファクターとして、匿名性があります。誹謗中傷は多くの場合、出所が誰か分からない場合が多いです。一方、ネガティブキャンペーンは情報の出所が誰にでもわかります。この点がこういったイベントが黙認されている理由なのでしょう。

2ちゃんねるは匿名なだけに誹謗中傷が書かれる事も多いです。個人の名前、住所、電話番号など特定される内容があれば2ちゃんねる削除として、依頼を出す事が可能です。