ネット上の誹謗・中傷は軽視できない

 最近は誰でもインターネットを手軽に楽しめる、たいへん便利な時代になりました。いつでもどこでも瞬時に自分の知りたいことが調べられるネットは、私達の生活をより豊かなものにしてくれています。 しかしその一方で、その匿名性を利用した悪質な行為も見られるようになってきました。たとえば、掲示板に悪意のある書き込みをする、口コミサイトに真実とは異なる情報を載せるなどです。実際にそれが原因で客足が遠のき、売り上げが減少している企業があることを考えると、軽視できる問題ではないことがわかります。

早期発見・早期対応が大切

もしもこのような行為の被害にあってしまったら、すぐに対策をしましょう。まずは、悪意のある書き込みや記事を、プリントアウトしたりコピーするなどして保存しておきます。そして、そのサイトを管理している企業や個人に対し、メールや電話などで削除依頼を出します。お問い合わせやQ&Aのページに依頼方法が記載されていることがありますので、事前にチェックするとよいでしょう。ケースによってはお互いに経緯を確認したり事情を説明しなければならないこともありますが、被害を最小限に食い止めるために自信を持って行動してください。

風評被害対策のプロがいます

ネット上での誹謗・中傷は拡散するスピードが極めて速いのが特徴なので、個人で対応するには限界を感じることもあります。そのような時には、ネットの風評被害対策を専門に行っている業者に依頼するといいでしょう。散りばめられてしまった悪意のある書き込みを消去してもらうことはもちろん、新たな被害が起こらないよう定期的にネット上を監視してもらうことなどもできます。現在は無料相談を受け付けている業者もたくさんありますので、一度気軽に連絡されてみてはいかがでしょうか。

気軽に検索が出来る様になってから情報は非常に早く、大量になりすぎています。一度の些細な失敗から甚大で長期間の被害に会う機会が個人でも増えています。普段から風評被害対策を考えなければならない時代です。