和気あいあいとした社風

研修といえば、多くの人が経験することの一つといえるでしょう。新入社員としての心構えやあいさつの仕方、電話の取り方など、これから戦力として働く人を教育する場として、なくてはならないものといえます。そんな中において、研修を受ける際の服装にまつわることで悩む人も多くなっているとして、話題を呼んでいます。最近では、昔の堅苦しいイメージから脱却を図ろうとする企業も増えてきており、スーツの着用を義務付けない企業も増えてきています。

服装にも自由なテイストがみられる

ありとあらゆるジャンルにおいて、ネットワークサービスのプラスの効果が見られるようになってきている現代社会において、研修に関する分野も同様のことがいえます。緊張感が漂う研修をすることなく、あくまでも自由な雰囲気の中で、行うというケースも多くなっているのです。今般では、ロボット社会や自動運転、人工知能、ドローンなどといった先進的な取り組みも積極的に行われるようになってきており、次世代を意識していることがうかがえます。

研修に臨む前から心掛けること

現代社会において、ビジネスパーソンとして活躍するためには、電話のかけ方や受け方をマスターすることは必要です。企業を代表していることを常に念頭においた姿勢で臨むことが必要です。しっかりとしたビジネス用語や敬語を使うことはもとより、気の利いた言葉も添えるなどのことが求められます。研修において、徹底的に教育されることになりますが、毎日の生活の中でも身につけておくことで、より柔軟な対応ができるようになるのです。

社員研修はプロのマナー講師によって講義を受けられますので、新入社員研修や管理職研修で有効活用しましょう。